田舎暮らしのすすめ


東京への一極集中が、再び加速しています。
東京近郊ではなく、都心部、JR山手線周辺への一極集中が進行しており、都市の高層化、過密化を促進しています。

大震災が襲来したときの、災害は計り知れないでしょう。
運動不足解消のため、屋外に出れば排気ガスを吸わねばならず、屋外での運動はアレルギーなど病気の原因になります。

「森林の健康と癒し効果に関する科学的実証調査」と題する興味深い調査結果が林野庁から公表されました。
森林の中での運動は、都市環境での運動に比し、免疫機能を有するナチュラル・キラー(NK)細胞の活性を有意に上昇させ、
ストレスホルモンを有意に減少させることが判ったのです。

東京での勤務から解放された年金生活者は、土地が安く、空気のきれいな田舎に移住するのが賢明です。
田舎暮らしは、個人にとって健康的で経済的な、お奨めのライフスタイルであるだけではなく、
40兆円の巨額年金給付が田舎で消費されることは、地方経済にとっても地方交付税に匹敵する貴重な財源となるでしょう。
地産地消を促進し、過疎化に悩む農村の再生にも寄与します。

都会生活に慣れた人間も受け入れる「田舎」が求められています。
そんな田舎があるでしょうか?

ありました!新潟県の「越後湯沢」です。
新幹線で東京から約80分、二地域居住に適したリゾート地です。
格安でリゾート・マンションを入手することもできます。

越後湯沢周辺の現地見学会も予定していますのでご期待ください。