21世紀のライフスタイルを考える・木津耕一氏講演

                                 記録文責 千葉 高橋 聡  平成維新東京と平成維新神奈川が共催で、9月29  から自然に優しい石詰みに変わっている。なんと既 日麻布区民センタ−で25名の参加者、講師に木津耕  にコンクリ−ト整備されたものを再度石詰みに作り 一氏を迎えて行われた。木津氏は福島県只見町の農  替える工事まで始めている。自然を大事にする所と 村出身で、学生時代の東京生活の経験で都会と田舎  災害対策上重要な所と明確に分けて工事すべきであ の矛盾を逆手にとり、現システムの中で最大限生活  る。                      の質の向上を目指したアイディアを披露してくれた。       【都会と山村の交流】                【講演要旨】            山林リゾ−ト会社「たもかく」の社長として以下 ●農家では消費者の声が届かないため、味が落ちて  の事業を展開:                 も見た目のいいものに品種改良し、木材に至まで規  ●古本を定価の1割で買い上げ代金の代わりに山林 格品に合わせるように努力してきたが都会に来てみ  の所有権を譲渡する「緑の会員」を募集中。    ると、逆に規格を外れるが味のいい野菜や趣のある  (TEL 0241-82-2944)              木材が価値のあるものとして認められていることを  ●田舎の廃屋を探して都会の人に売るべく広告を出 知って驚いた。しかし、流通業者の意向も無視は出  す。(ダイヤモンド社で掲載*大きな反響     来ない。                                     0241-82-2946) ●森林は国有林と私有林に分かれるが、戊申戦争後  ●土地家で 800万円、リフォ−ムで 2,000万円ぐら 幕府側の領地は国有となり、どんどん伐採されて杉  い掛かる。                   の木が植えられているが、西側は私有林として残り  ●山の中の荒れ地を切り開き 1,000万円ぐらいでセ 雑木林も多く、国有林の売却益で林道まで整備され  カンドハウスを建てて分譲する。(0241-82-2945) ている。                     現在「たかもく」は木工 3,000万、建築1億、不動 ●日本の農政は零細農家を統合により大規模経営と  産 5,000万の売り上げで都会から資金も集めている、 して、農業の立直しを計るために税金を投入し、ま  500人で2億8千万円、住宅用に7万坪の土地を保 た農業人口は減少しているとしているが、これは統  有している。どこの田舎でもパンフレットを作り都 計の取り方の嘘である。零細農家は耕地を売らずに  会人に来てくれと言っているが、どうしても来たい 農家人口も減っていない。大きな借金を抱えた大規  なら来ても良いサ−ビスはしない、1回しか来ない 模農家の方が、経営に失敗して耕地を切り売りして  人は入れない位の思いはある(地元の人には聞かせ いる。農地は安く、少々売っても大した利益となら  られない)。                  ない。                              【質疑応答】          ●農政への無駄な税金は耕地整理に、養蚕を代表と  ●日本の水道事業はうまく行っていない、川もまだ する蚕糸事業に、米の検査官の人件費で消えている。 まだきれいになるはずである。          米価審議会で活発に運動しているのは、暇な農協職  ○日本の政治をどうすれば良いか?        員のみで、農民は忙しくて東京には出て来れない。  ●システムをいじっても人が変わらなければ何も変 ●田舎の生活も昔と比べてかなり豊になっている。  わらない。(住専処理もシステムを使っていない) 農業収入以外の副業が主体となっており子供に野良  女性が3分の1政治に参加すれば良い。(地方議会、 仕事を手伝わせる親は最近いなくなり、農村でも都  審議会、委員会)談合政治のレベルが低いから悪い。 会の子供のようなヒョロヒョロとしたのが増えてい  ○どうしたら女性の登用を増やせるのか?     る。また最近の親は不衛生×危険ということで山や  ●他人任せでは駄目だ。自社は男女同権同数を目指 川で子供を遊ばせない。遊んでいるのは都会から旅  している。システム、法律、リ−ダ−(他人)に頼 行できた子供だけである。             っては自分たちに実力が着かない。        ●昔では考えられなかった肉や魚を毎日の食卓で食  ○ウルグアイラウンド6兆円はどのように使われて べれるようになり、自家製酒(違法)からから合法  いますか?                   的な酒に変わっているのに、今でも酒宴では将来の  ●ほとんどが耕地整理のために使われていて、農協 後継者問題と過疎化でため息をついている。     流通のみが潤って、農家には1円も来ない。    ●過疎の村でも公民館等が人口比より大きい立派な  ○食品メ−カ−が農業をすることはどう思いますか ものが国及び県の補助金で建てられている。現在は  ?また、私たち素人が農業をすることどうですか? 2割負担で 2,500万円程の建物が作られているが、  ●サントリ−、小岩井が自営でやっているが、大規 昔はその2割も建築業者が出していたので、県と国  模にやっては農業はうまく行かない、税金浸けにな に陳情すれば良かった。本当は地方自治体だけで建  るだけである。一般サラリ−マンに開放するのが先 てるべきだ。(箱もの建設でも温泉の経営はうまく  である。商社等の大資本参加は地主時代に戻ってし 行っている。)                  まう。                     ●最近の川の護岸工事はコンクリ−トで固める方式  (生活者主権の千葉・会報 B.T. 11月号より転載)